1. b.glen(ビーグレン)Cセラム

b.glen(ビーグレン)Cセラム

管理人の評価(平均:3.0点)
価格(税抜) 4,700円

さまざまな肌の悩みに対応できる高濃度ビタミンCを、独自の浸透テクノロジーで角質層まで届ける美白美容液。皮脂バランスを整え、内側から透明感を引き出してくれます。

 

効果の期待度 ⇒

効果の高さが期待されるピュアビタミンCを、独自の浸透テクノロジーで肌の奥まで届け滞留させるしくみで、長い時間効果を持続します。ビタミンCによる美白効果の他、シワ・ニキビ・ニキビ跡・毛穴など多くの悩みに対応してくれるのが嬉しいところ。

即効性を感じる人が多く、長年使っている人も少なくないようですね。

 

成分 ⇒ 3

ビタミンCであるアスコルビン酸、細胞膜を作る物質であるレシチン、溶剤である(C13,14)イソパラフィンの他に、合成ポリマーであるポリアクリルアミド、合成界面活性剤であるラウレス-7も配合されています。全成分が6つという、シンプルな作り。

即効性を感じられる美白成分と、毒性の心配もあるケミカル成分がともに使われている印象。特に過敏な人でなければ問題はないと思いますが、気になる人は避けた方がいいかも。

 

使いやすさ ⇒ 3

チューブに入った透明な液で、サラサラしています。一度に大量に出すと流れてしまうので注意。1回の使用分は、直径2センチ程度。

浸透がとにかく早いので、もたもたしてると手が吸ってしまうように感じました。

 

買いやすさ ⇒ 3

ネット通販限定品で、基本的に公式販売ページでしか買えません。商品名で検索すると、レビューや口コミサイトも多く出てきますが、公式が見つからないということはないですね。

このサイトでは、公式ページを紹介しています。

 

価格 ⇒ 2

15mL入りで4,700円と割高。美白だけでなく、シワやたるみ、ニキビなど多方面に効果が期待できるので、トラブルが多い人にとっては、1つで済むので助かるかも。

 

独自の浸透性と高い期待感の、ロングセラー美容液

ビーグレンって、名前は聞いたことがある人は多いと思います。美魔女ブームが起きた時にも、だいぶ取り上げられてたように思いますし。

私も興味はありましたけど、カリフォルニアのお医者さんが開発したとか、独自の浸透性が特徴だとか聞いて、日本人のデリケートな肌に合うのかしらって思ってたんですよ。

それで、実際に使うには至らなかったんですよね。

でも最近になって、以前より小さなパッケージで販売されていること、もう発売からだいぶ経つのに変わらず人気が高いことを知って、これは使ってみなくちゃと思ったんです。

 

今ではたくさんの化粧品を取り揃えているビーグレンですけど、最初の商品はこのCセラムだったんですよね

一番最初の商品であり、今でも一番人気の商品。期待しちゃいますね。

シンプルで機能的な、いかにもアメリカものって感じの見た目ですが、作られているのは日本国内です。

15mLだと、さすがに小さいですね~。届いて開けた時は、正直「5千円くらいするのにこんだけか!」って思いました(笑)

でもこの大きさでも、朝晩使ってひと月分あるんですよね。

 

1回分の使用量は、直径2cmくらい。けっこう、少しでいいんです。香りはほとんどありませんね。塗り広げてる時に、文具の糊みたいな香りがしますが、すぐ飛んで感じなくなります。

液は透明で、すっごくサラサラしてます。美容液というより、化粧水みたいな感じ

でね、これの特徴って、何より肌に広げたときに感じる、あったまる感じだと思うんです。ビタミンC誘導体って、配合量が多いほど肌に刺激が強く、すごくピリピリ感じるものもあるんですよね。

刺激が強くなっちゃうのと、配合量のギリギリのラインを狙ってる化粧品が多い中、ビーグレンは独自の方法で、刺激をあまり与えずに有効成分を届けてるんだとか。

その独自の働きが、この「じんわりあたたかい感じ」を作るというか呼ぶというか。

ピリピリした刺激とは違うので、不快には感じません。でも他の化粧品にはないことなので、最初はちょっと戸惑うかも。

 

届けられる有効成分はピュアビタミンCというもので、表記はアスコルビン酸になってますが、化粧品への配合が難しいものなんだそうですね。

ビーグレンはそれをQuSome®(キューソーム)という浸透テクノロジーで、安定した状態のまま角質層に届け、長く留まるんだそうです。それで、肌の状態を改善してくれるわけです。

ビタミンCは肌にとってさまざまな働きをしてくれるから、美白だけでなく、シワ・たるみ、ニキビ・ニキビ跡、毛穴のケアも出来る。だからこそ、ビーグレンの商品第一号はこの製品だったし、今でも一番人気なんですね。

もっと早く使ってみるんだったなと思いました。というのも、夜のお手入れに使って、翌朝にはちょっと肌がツヤッとしてるんですよ。即効性があるのは嬉しいです。

 

とっても気に入ったんですけど、難点をいえばケミカルな成分もそれなりに使われているってことでしょうか。

全成分が6つという、美白美容液には珍しいシンプルな作りなんですけど、合成ポリマーや合成界面活性剤も使われてます。

配合量は多いわけじゃないので、毒性が強いわけではないと思うんですが、肌質によっては避けた方が良い場合もありそう。

個人的には、毎日朝晩ではなく、数日おきに使っておきたいかな。

ビーグレンのCセラムは、即効性が欲しい人、効き目がゆっくりな美白ものに不満を感じている人にお勧めの美白美容液だと思いました。

ビーグレン Cセラムの販売ページはこちら

 

こちらもどうぞ

資生堂HAKU メラノフォーカス3D

資生堂の美白シリーズ、HAKUの美容液。それまで平面(2D)でしかとらえられなかったメラニンの分布状態を、3Dで解析し生成ルートを狙ってくれる美白美容液。サラサラした使い心地です。

 


このページの先頭へ戻る