1. BIHAKU Wエッセンス

BIHAKU Wエッセンス

管理人の評価(平均:2.4点)
価格(税抜) 8,900円

フラーレンを高濃度配合した美容液。高浸透型ビタミンC誘導体(APPS)の働きをサポートして、肌の透明度をアップします。肌の保湿力を高める成分もたくさん配合されています。

 

効果の期待度 ⇒ 2

APPS(高浸透型ビタミンC誘導体)をフラーレンで守り肌の奥深くまで届ける、というもの。美白効果がより効率よく得られるのは、肌のターンオーバーが正常な若い人だな、という印象。

ある程度の年代になっていても、もともと色白な人には合うのではないでしょうか。私にとっては、美白効果はあまり感じられないかな、と感じました。

 

成分 ⇒ 3

フラーレン、APPSと比較的高価・効果的な成分が配合されています。保湿効果成分もたくさん入っているので、悪くありません。

有効成分と表示できる薬用成分が入っていないのが、個人的にはちょっと惜しいかな、と感じました。

 

使いやすさ ⇒ 3

コロンとした小さめのプッシュボトルで、握りやすく使いやすいです。液も重めのゲル状で伸ばしやすく、べたつかないので楽に使えます。

 

買いやすさ ⇒ 2

BIHAKUで検索すると見つけやすいのですが、びはく 美白などの単語だと見つけられません。店舗での取り扱いも、ないみたいです。

 

価格 ⇒ 2

フラーレンなど、高価な原料が使われているためか、単品1本買いだと、30mL入りで9,612円(税込)と安くはありません。定期購入の場合、8,532円になりますが、初回を含め5回継続する必要があります。

初回分は無料になるキャンペーンを行うことがあるので、そのチャンスを狙うといいかも。

 

年代・肌質に合えば効果的だと思える美白美容液

BIHAKUという名前の、美白美容液を使ってみました。

シンプルでスッキリしたボトルですが、最初に見た印象は

「小さい・・・」

でした(笑)

BIHAKUエッセンスを手に持っているところ

30mL 入りですから、小さくて当たり前なんですけど、想像していた以上に小さかったです。

手のひらにすっぽり収まるので、プッシュして手のひらに出しやすい点は良いと思いました。

 

液は透明なジェル状で、ちょっと黄味がかってるかな。

BIHAKUエッセンスの中身を手のひらに出したところ

濃いめのジェルで、プッシュして出る量は少なめなんですけど、2プッシュも出せば顔と首までカバーできます。デコルテまでつけるなら、3プッシュ必要かなと感じました。

浸透は早いです。手に出したらすばやく顔に広げた方がいいですね。

香りはほとんどありません。

私の体質なのかは分かりませんが、顔に広げた後、少しの間ぽかぽか温まる感覚があります。これはビタミンC誘導体の作用なのかな。

ピリピリくるほどではないので刺激ではありませんし、温まる感覚が嫌いという人は少ないでしょうから問題ではないと思います。深く浸透してるのかな?と思うとちょっと嬉しくなりますね。

広げた後、乾くとちょっと被膜感があります。突っ張るほどではありませんが、ここは好き嫌いが分かれるところかも。

BIHAKUをつけた手の甲とBIHAKUのボトル

 

成分としては、高浸透型ビタミンC誘導体(APPS)と、その働きをサポートするフラーレンを高濃度で配合している点が、美白効果について期待できそうな感じです。

美白を促す成分はこれらがメインで、ほかの成分は水分保持に長けたプロテオグリカン・セラミド・ヒアルロン酸・プラセンタなど。それに加えて、肌の自己修復力を高める幹細胞エキスも配合されてます。

とにかく保湿して、APPSを肌のなるべく奥に届け、ターンオーバーを促す、ってとこでしょうか。

肌の再生力が正常な年代なら、この方式で肌の透明感は上がると思います。でも私の年代になると、もう再生能力が落ちてますからね~、ちょっと厳しいかな。

 

私が使ってみた印象としては、美白効果は弱めなのかなって感じ。20代・30代前半くらいの若い人が、若い状態の肌を保つのに使うのに向いてるように思います。

でも若い人が継続的に使うには、ちょっと割高なんですよね。フラーレンが多く配合されているので、仕方ないんですけど、定期購入しても毎月8千円以上は厳しい人も多いんじゃないかなって感じました。

BIHAKUはフラーレン配合の美白ものを探している、比較的若い年代の人にお勧めと感じた美白美容液でした。

BIHAKU Wエッセンスの公式ページはこちら

 

こちらもどうぞ

b.glen(ビーグレン)Cセラム

アメリカのお医者さんが開発した万能美容液がビーグレンのCセラム。美白をはじめ、シワ・たるみ・ニキビ・ニキビ跡・毛穴とオールマイティーケアが可能です。

 


このページの先頭へ戻る