1. オルビスユー ホワイトモイスチャー

オルビスユー ホワイトモイスチャー

管理人の評価(平均:3.2点)
価格(税込) 3,240円(昼用)、3,456円(夜用)

昼と夜で、違う美容液を使う美白美容液。アルブチンが年齢肌のメラニン生成にアプローチします。

昼は紫外線を防止しながらバリア機能を高め、夜は昼のダメージをケアして翌朝の肌を作ります。

 

効果の期待度 ⇒ 3

昼・夜それぞれ用があり、使い分ける美白美容液です。昼用のものは外的刺激から肌を守るための成分が多く、日焼け止めも兼ねています。夜用のものはポリマー類が少なく、保湿力が高め。特に、年齢による肌のくすみが気になる人におすすめ。

 

成分 ⇒ 3

美白成分はアルブチンが主。ベニバナエキスに加え、独自成分のW.H.アミノシールドで保湿力も高めています。

 

使いやすさ ⇒ 3

昼用はチューブのペーストタイプ、夜用はプッシュポンプのジュレタイプです。どちらも小さめなパッケージで扱いやすいです。夜用のナイトモイスチャーは、楕円形のボトルで変わってるので、最初とまどう人もいるかも。

 

買いやすさ ⇒

オルビス直営ショップのほか、公式通販ページで見つけやすいです。オルビスには以前からあるホワイトシリーズもありますが、こちらはエイジングケアのオルビスユーシリーズのものです。そこがちょっと、ややこしいかも。

 

価格 ⇒ 3

昼用は3,240円、夜用は3,456円(どちらも税込)です。単体だと安く感じますが、両方揃えると7千円ほどなので、標準的かなという感じ。シリーズで使わず、夜用だけ使うとか、昼用だけにするとか出来る点は便利だと思います。

 

昼と夜で使い分ける、年齢肌むけ美白美容液

オルビスって値段が安いこともあって、なんとなく若い人むけの印象があったんですけど、使ってみるとそうでもないというか。

エイジングケア品も多く作ってるんですよね。中でも、オルビスユーは年齢肌にアプローチするシリーズなんですが、その美白美容液も使ってみました。

昼用と夜用が別々にあるんです

 

昼用のホワイトデイモイスチャーは、チューブに入ったクリームタイプ。

 

乳液に近いテクスチャで、日焼け止めも兼ねてます。

 

ちょっとテリが出るかな。白浮きはしませんが、塗りたてはテカテカ感がありますね。

乾くと表面がサラサラになって、「塗ってる」感が消えてしまいます。

すごくよく伸びるので、使うのはほんの少しでよさそう。

 

夜用のホワイトナイトモイスチャーは、プッシュポンプで出てくるローションタイプ。

こちらはジェルっぽいですね。これもよく伸びます。

昼用に比べると、サラサラになるまでちょっと時間が要るかな。乾いたあとも、肌表面はサラサラというよりは、しっとりという感じ。

 

両方、軽くてちょっとチープなパッケージで扱いやすいです。ナイトモイスチャーの方は、ちょっと変わった楕円形なので、手にした時は戸惑うかも?

プッシュ部分は普通の動きなので、使いにくさはありませんよ~。

 

昼用・夜用を分けてあるのは、それぞれに必要な働きが違うから、みたいですね。

デイモイスチャーは、日焼けを防ぎながらメラニンの生成を抑え、ナイトモイスチャーは昼間受けたダメージを寝ている間にケアして、翌朝しっとりとなめらかな肌にするのだとか。

成分もね、昼用は外的刺激から肌を守るための成分が多く配合されてますが、夜用はポリマー類など極力抑えて、肌本来のバリア機能を高めようとしているみたい。

どちらも、つけていて肌が重く感じることはないし、保湿状態が良くなります。保湿成分として、ベニバナエキスにくわえW.H.アミノシールドという成分が配合されてて、これがバリア機能を高めてくれます。

美白成分はアルブチンで、これもなかなか良い仕事をしてくれます。

全体的に、他にはなかった!という珍しいものはない印象なんですけど、しっかり堅実に働いてくれる印象。

特に気になる香りもないし、好き嫌いなく使えそうな美白美容液です。

価格も安いし、昼・夜必要な方だけ使うことも出来るし、なかなか便利と感じる製品でした。

オルビスユー ホワイトモイスチャーの公式ページはこちら

 

こちらもどうぞ

キュレル 美白美容液

敏感肌用スキンケアシリーズのキュレルに、美白シリーズが。美白美容液を使ってみましたが、まさに敏感肌の人用の製品って感じ。刺激もなく、保湿を高めて外的刺激に強い肌を作ろうという感じです。現状の濃いシミは消せませんが、これからシミが出来るのは予防してくれそう。通常肌の人は、もうちょっと強めの美白ものを使った方がいいかなという印象でした。

 


このページの先頭へ戻る